心も体も芯から温まる、ドラウマの台湾もつ鍋。

日本1のもつ鍋を目指す、ドラウマの“台湾もつ鍋の全て”をご紹介します。

新年あけましておめでとうございます!

餃子×もつ鍋 ドラウマ は本日1/3より通常営業致します!

ここ数日、本当に厳しい寒さが続きます。そんな夜にはもうやっぱり、

 

心も体も芯から温まる、ドラウマの台湾もつ鍋。

心も体も芯から温まる、ドラウマの台湾もつ鍋。

当店は、現在お陰様を持ちまして2年目の営業中ですが、まだ当店の台湾もつ鍋を召し上がったことのない方にも、もう召し上がったことのある方にも、

この台湾もつ鍋の“全て”をご紹介したいと思います!

 

鍋の命、出汁。

国産味噌と、辛味と風味の異なる2種の唐辛子、豚脂を加えた出汁をベースにしています。

国産味噌と、辛味と風味の異なる2種の唐辛子、豚脂を加えた出汁をベースにしています。

そのベースに、明治30年から味噌作り120余年の、北海道は岩田醸造様の無添加赤味噌を加えます。

ここまででも充分コクのある美味しい出汁が出来上がったのですが、もう1つ、辛味や濃厚さの中に「安心できるやさしい風味」が欲しいと考えました。

昆布と鰹を取った白だしを加えてみたところ、ついに“完成”しました。

そこで昆布と鰹を取った白だしを加えてみたところ、ついに“完成”しました。

もつ、野菜、他具材を全てを美味しく包み込む、最高の「台湾もつ鍋の出汁」です。

もつ、野菜、他具材を全てを美味しく包み込む、最高の「台湾もつ鍋の出汁」です。

 

北海道産のもつを使用する理由。

もつは北海道十勝産牛肉の直売所から仕入れている小腸です。

もつは北海道十勝産牛肉の直売所から仕入れている小腸を使用しています。

豊かな大自然の中、清潔な環境と良質な敷料で健やかに育った牛のもつ(小腸)は、プリプリ肉厚で上質な脂がたっぷりです。

ドラウマではそのもつをたっぷり100g、鍋の底に盛り込んでご提供しています。

ドラウマではそのもつをたっぷり100g、鍋の底に盛り込んでご提供しています。

先程の出汁に、新鮮でジューシーなもつの脂が溶け出します。

出汁に、新鮮でジューシーなもつの脂が溶け出します。

美味しくないはずがありません!

 

全ての具材が主役。

自家製の柚子風味つくねです。

自家製の柚子風味つくねです。

辛味のある出汁の中にほんのりとした柚子風味、気持ちの良い味のアクセントトになります。

辛味のある出汁の中にほんのりとした柚子風味、気持ちの良い味のアクセントになります。

火が通るまで少し時間がかかりますので、鍋の後半にお召し上がりください。

 

自家製台湾ミンチは国産豚の肩肉を、先程の特製出汁で炒めております。

自家製台湾ミンチは国産豚の肩肉を、先程の特製出汁で炒めております。

 

出汁に溶け出し、柔らかくなったミンチが他具材に絡みます。

出汁に溶け出し、柔らかくなったミンチが他具材に絡みます。

もともと台湾ミンチは味の濃いラーメンの具材として作られたものですので、当店の濃厚出汁にもしっかりマッチします。

 

現代人に不足しがちな野菜を、極上のスープでたっぷりとお召し上がりください。

もつ鍋はもともと、もつ自体を味わうのも1つですが、もつから出た出汁で野菜をたくさん頂くというのがルーツです。

当店の鍋にもたっぷりのキャベツ・もやしが入っております。

現代人に不足しがちな野菜を、極上のスープでたっぷりとお召し上がりください。

 

究極の選択、〆料理。

鍋の醍醐味といえば、各種具材の出汁がたっぷり染み出したスープで頂く〆料理。

ラーメンと卵雑炊をご用意しております(各350円)。

ラーメン玉子雑炊をご用意しております(各350円)。

どちらがおすすめかと良く聞かれるのですが、これ本当に2つともおすすめなのです。どちらと決めることができません。

 

お酒をたくさん飲まれるお客様にはラーメンがおすすめです。

あえてご提案するなら、お酒をたくさん飲まれるお客様にはラーメンがおすすめです。

やはり酒の〆といえばラーメンは大定番と言えましょう。

ラーメンを〆にされる際はキャベツやもやし、もつ等の具材を少し残されるのがおすすめです。

ラーメンを〆にされる際はキャベツやもやし、もつ等の具材を少し残されるのがおすすめです。

 

ラーメン派の方にも1度お試し頂きたいのが玉子雑炊。

ラーメン派の方にも1度お試し頂きたいのが玉子雑炊。

もつの脂、野菜の出汁がたっぷりのスープはそれだけでも最高ですが、このピリ辛スープに玉子のまろやかさが加わればもう得も言われぬ美味しさです。

台湾もつ鍋を召し上がったことのない方には当然初体験の味となるでしょう。ぜひお試しください!

もつの脂、野菜の出汁がたっぷりのスープはそれだけでも最高ですが、このピリ辛スープに玉子のまろやかさが加わればもう得も言われぬ美味しさです。

雑炊を作られる場合は具材は残さずスープだけをご使用ください。

 

なぜドラウマは“台湾”もつ鍋なのか。

そもそも台湾もつ鍋とは?
実は台湾料理ではなく、中京圏(愛知県名古屋市を中心とする都市圏)の名物料理のひとつである「台湾ラーメン」のスープや具材をもつ鍋に使用した名古屋発祥の料理です。この料理を開発したのが台湾の料理人で、故郷の名前を付けたそうです。

ピリ辛料理は食べるほどに食欲が刺激され、もつ・ニラ・ミンチ(豚ひき肉)などの具材はパワーの源です。

元気がない時、お酒をたくさん飲みたい時(ピリ辛なのでビールが進みます)、何より美味しいものを食べたい時にピッタリの台湾もつ鍋。

何かとストレスや心配事が耐えない現代だからこそ、お客様に「笑顔」で「元気」に「美味しいもの」を召し上がっていただきたい。

何かとストレスや心配事が耐えない現代だからこそ、お客様に「笑顔」で「元気」に「美味しいもの」を召し上がっていただきたい。その想いからドラウマは台湾もつ鍋を看板料理の1つとして掲げております。

 

ドラウマ濵田(姉)
ドラウマ濵田
本日1/3より営業しております。ご家族・ご友人お誘い合わせの上、是非ドラウマの台湾もつ鍋をご賞味ください!

 

湾もつ鍋(1人前)…1,180円
台湾もつ鍋(1人前)…1,180円
旨辛・中辛・激辛の3種から選べます。
「旨辛」は辛いものが苦手なお客様でもお召し上がり頂けるマイルドな辛さとなっております。
他、あっさり出汁の「塩もつ鍋(1人前)…1,080円」もございます。

ドラウマロゴ

京都府舞鶴市浜624

〒625-0036 京都府舞鶴市浜624

0773-77-5515

平日営業時間 16:00~23:00

土日営業時間 11:30〜23:00

テイクアウトは平日15:00から、土日11:30から利用可

定休日 なし

>ともに「美味しい」をつくりあげましょう

ともに「美味しい」をつくりあげましょう

生パスタ・ステーキ・もつ鍋etc…株式会社モルトフレスコは料理のジャンルや国籍にとらわれず、常に新しい食文化を開拓すべく邁進しています。ともに、「美味しい」「楽しい」をつくりあげてみませんか。

CTR IMG